ホームシアター用とプレゼン用プロジェクターの違い

ひとくちにプロジェクターと言っても使用目的によって大きく以下の2種類に分ける事が出来ます。

  • プレゼン用プロジェクター
  • シアター用プロジェクター

ここではその違いを簡単に説明してみましょう。

プレゼン用プロジェクター

プレゼン用プロジェクター

これは通常、プレゼンテーション用途として使います。
つまりパソコンから出力させて文字、写真、グラフなどを投射して複数の人に同時に見せるという用途です。その使用目的から文字やグラフなどをはっきりと見せる為、明るさやコントラストが強化されているモデルがほとんどです。

DVDプレーヤーからの信号を入力すれば映画を見る事も出来ますがファンの騒音も大きめだし、微妙な明るさ階調表現も一般的には苦手なのであまり映画に向いているとは言えません。またDLPタイプのプロジェクターでは激しい動きのある映像でレインボーノイズと呼ばれるカラーノイズが気になる場合もあります。

さらに言うなら動画などの映画を見ると目が疲れやすい人もいるようです。

また一番の特徴はパソコンの信号を投射することを主目的としているためプロジェクター内部の液晶パネルがもともと4:3の比率となっています。

これがどういう事かというとパソコン信号、地上アナログテレビなどの4:3信号を入力すると4:3いっぱいに映りますが、DVDなどのワイド信号が入ってくると以下のように上下が切れて16:9の映像が映るようになります。
画面比較その1

ホームシアター用プロジェクター

ホームシアター用プロジェクター

これを読んでいる皆さんが必要なのはたぶんコレです(^-^)V。
シアター用のプロジェクターは主にDVDやハイビジョン放送などの映像を映す目的で設計されているので映像を美しく見せるための工夫や、静音を重視した機種が多いです。

また、もともと16:9映像を映す事を主目的としているため、プロジェクター内部の液晶パネルがもともと16:9の画面比率となっています。

その為DVDやハイビジョンなどの16:9信号を入力すると16:9いっぱいに映りますが、地上波テレビなどの4:3信号が入ってくると以下のように左右が切れて4:3の映像が映るようになります。

画面比較その2

2010年に発売した売れ筋のシアター用プロジェクターとしては以下の通りです。

category プロジェクターを語る | 2010.08.03