スクリーンに映る画面高さを確認しよう

注意点としてスクリーンを出した時の事も考えましょう。

  • センタースピーカーやフロントスピーカーがスクリーンの後ろに隠れないか。
  • スクリーンを出すと重要な通路がふさがれないか。
  • スクリーンの裏にエアコンがないか。エアコンがついてるとスクリーンの揺れが気になる場合があります。

スクリーン(映像位置)の高さをチェックしよう

スクリーンの設置高さも考えておきましょう。スクリーンサイズと同じくらいスクリーン(映像)の高さというのは重要です。

というのは視聴位置から見てスクリーンを見上げるより、視線が水平になるか、若干下になる方が見やすいからです。 視聴位置から見上げるような形になる場合、長時間視聴で首が疲れてしまいます。

スクリーンの高さ

私がいつも提案しているのは

「スクリーン(映像)の中央と目の位置を結んだ線(目線)が床と平行」

という事です。
もし可能なら さらに少し見下げるようにした方がベターです。

スクリーン設置場所の制限によりスクリーンを下げられないという場合もあると思いますが、最低でもスクリーン下端が目線の位置になるようにしないと長時間視聴で苦痛になってくると思います。

一般的にはスクリーン下端が床から50cmくらいまで降ろせればそれで問題ないでしょう。
シアターハウスの電動(Cube,Muse,チェーン)スクリーンは約200cmの高さです。

天井高さ:240cmの場所からスクリーンを降ろした場合、

天井高さ(240cm)-スクリーン高さ(200cm)=床からスクリーン下部までの高さ(50cm)

となり電動スクリーン(Muse,Cube)、チェーンタイプの標準品そのままでほぼいけるという計算になります。

逆に言うと取り付ける天井高さがそれ以上、あるいはボックスを掘ってその中に取り付ける場合は足りない高さ分上部延長を行った方が良い場合があると言う事です。

よく「どれだけ生地高さを延長すればいいですか?」と質問されますが、上記の計算のようになるようにスクリーン生地の延長を行うことをおすすめします。

スクリーン上部延長の詳細はコチラ から

シアターハウスならスクリーン幅、スクリーン長さとも自由に選ぶ事が可能です。

category スクリーンを語る | 2010.08.03