DVDとブルーレイの違いって?

ブルーレイ(Blu-ray)が少しづづ浸透してきましたが、DVDと比べて何が違うの?と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。そんな方にDVDとブルーレイ(Blu-ray)はどこが違うのかまとめてみました。

ブルーレイができた理由

地上デジタル放送の開始やデジタルビデオカメラのハイビジョン化によってハイビジョンというものが身近になりましたよね。DVD規格が決められた時代にはハイビジョンの事は考えられておらず、ハイビジョンのキレイな映像をそのままDVDに保存することが出来ません。
(※一部の機種機能では可能ですが)

ブルーレイメディア
SONYブルーレイメディア

せっかくキレイに保存した映像画質を粗く変換させて保存する必要があるんです。キレイに保存したハイビジョン映像をキレイなまま保存したい、そんな思いからブルーレイが生まれたのです。

ハイビジョンをそのまま保存できる

DVDは横740、縦480の点(ピクセル)で表示していますが、フルハイビジョンはなんと横1920、縦1080の点(ピクセル)で表示しています。
DVDとフルハイビジョンではピクセルの数で言えば約6倍の情報量の違いがあります。

ブルーレイとDVDの違い

ブルーレイとDVDの違い

DVDとブルーレイの比較

このドットが多ければ多いほど同じ映像でも細かい表現を行うことができ、より高画質といえます。
ブルーレイはフルハイビジョンをそのまま保存出来るように考えられているので画質を落とさずそのまま保存することができるのです。

高音質なサウンドも収録できる

DVDでも5.1ch対応と高音質といわれていましたが、ブルーレイの場合、最大7.1chまで収録できるようになっています。

様々な音声フォーマット

DVDの時には音声を圧縮して聞こえない部分を間引きし、圧縮、保存されていたのでどうしても音声の劣化がおこってしまいましたが、
ブルーレイの音声では元の音声を間引きすることなく圧縮保存されているのでDVDよりもより迫力ある高音質を楽しめるようになりました。

DVDより大容量!

DVDの保存容量は4.7GB(ギガバイト)ですが、ブルーレイはなんと1面あたり25GB、約5倍の容量を保存できるんです。
大きいサイズを保存することができるようになったのでハイビジョン映像をそのまま保存することが可能になったともいえます。

ブルーレイはDVより大容量!

ブルーレイは高画質、高音質、大容量保存可能!

まとめるとブルーレイ(Blu-ray)はDVDに比べて、

  • DVDの約5倍の大容量で保存できる
  • 高音質な音声を収録でき、より臨場感を楽しめる
  • 高画質がフルハイビジョンをそのまま保存できる

ホームシアターとなれば100インチクラスの大画面で楽しむことが多くブルーレイなどの高画質な映像を十分に楽しむことができます。
これからホームシアターを導入したいな…と思っている方にはブルーレイでの視聴をお薦めします。

category 映像、再生機器を語る | 2011.04.06