自宅で3D映像の映画を見るためには

アバターの公開後少しづづですが3D作品が増えてきましたね。映画館で3Dを見れたけど自宅でも見れるの?
見るためには何が必要なの?そんな疑問にお答えします。

自宅で3D映像を見るために必要なものは?

3Dブルーレイ

自宅で3Dをの映像を視聴したいという場合、3Dに対応した機器を揃える必要があります。
どれかひとつでも3Dに対応していないと見ることができません、揃えるものは以下の商品です。

3D対応プロジェクターまたは3D対応テレビ

3D対応プロジェクター

3Dテレビは上位機種が対応している場合が多くプロジェクターでは2010年秋以降に発売されたの中で3Dに対応したモデルが数機種発売されています。
対応しているモデルはまだまだ少ないですが、今後発売されるプロジェクターは3D対応モデルが増えてくるでしょう。

3D対応メガネ

3D用メガネ

3D映像は方式の関係上そのままでは立体的にみせることができません。そのためプロジェクターや3Dテレビに付属している3Dメガネをかけて視聴する必要があります。視聴者分のメガネが必要です。

3D対応ブルーレイプレーヤー

3D再生プレイヤー

2011年頃から発売されたレコーダー、プレーヤーからは対応している商品が増えています。
パッケージや取り扱い説明書などを確認してみましょう。
PS3はバージョンアップを行うことで3Dに対応となります。(バージョン3.50以上)

3Dに対応したHDMIケーブル

3Dの映像はHigh Speedに対応したHDMIケーブルじゃないと見れません。
High Speedに対応している商品はパッケージなどに表記されています。

  • High Speed HDMI Cable
  • High Speed HDMI Cable with Ethernet

3Dのブルーレイソフト

3Dブルーレイソフト

ソフトによって2Dと3Dの2枚組となっていたり、3D映像だけ収録されていたりいろいろあります。
パッケージに3Dと表記されているのであらかじめ確認しておきましょう。

まだまだ3Dに対応したブルーレイソフト、プロジェクターのラインナップが少ないですが、これから少しづづ増えて楽しむ環境が進んでいくと思います。

category 映像、再生機器を語る | 2011.04.18