テレビ視聴時でもサラウンドシステムを楽しむ

テレビの前にスクリーンが降りてくるようにし、ニュースなどは薄型テレビでライブ映像や映画などはスクリーンに映して楽しむといった2wayの使い分けをされているお客様も多いと思います。
せっかく5.1chのスピーカー環境があるならばテレビ視聴するときも鳴らしたいですよね?
今回はプロジェクター視聴時とテレビ視聴時の接続、切替方法を案内します。

接続方法を考える

プレーヤーから出力される映像をテレビとプロジェクターで切替えできるようにするためには接続しているケーブルを切り替える必要があります。
いろんな方法がありますが、一般的な方法としては下記のパターンです。

  • HDMI出力が2系統あるAVアンプを用意する
  • HDMI切替機を追加する
  • HDMI出力が2系統ある再生機器を用意する
    • HDMI出力が2系統あるAVアンプを用意する

      最近発売されているAVアンプではHDMI入力端子は4~5前後と豊富に用意されていますが、HDMI出力は1端子だけという機種があります。
      少しづつHDMI出力2系統に対応したモデルが増えてきているので今からAVアンプを購入しようかな~、もしかしたらテレビとプロジェクター切り替えるかもと考えている方はHDMI出力端子が2端子用意されているAVアンプがオススメです。
      接続のイメージとしては図のようになります。
      接続図その1
      まず再生機器(ブルーレイプレーヤー)とAVアンプをHDMIケーブルで接続し、AVアンプからの出力をそれぞれプロジェクターとテレビに接続します。あとはAVアンプ側で入力切替の操作だけでテレビとプロジェクターの映像切替えすることができます。

      メリットは?

      すべての機器をAVアンプに接続されているので後々再生機器が増えた時でもAVアンプに接続することで簡単に切替えできます。

      デメリットは?

      AVアンプがレグザリンクやブラビアリンクなどのHDMI CEC(リンク機能)や3Dに対応していないとその機能が使えないという事がありまもしHDMI CEC(リンク機能)や3Dを視聴する予定があるならAVアンプが機能に対応しているのかを事前に確認してみましょう。

      HDMI切替機を追加する

      もう一つの方法として、持っているAVアンプがHDMI出力1端子しかない、AVアンプが入替えがめんどうだというかたにはHDMI切替機を現在の環境に追加する方法がオススメです。接続のイメージとしては図のようになります。

      接続図その2

      AVアンプとHDMI切替機を接続しHDMI切替機からプロジェクター、テレビそれぞれ接続します。
      映像の切替えはHDMI切替機の方で操作するようになります。

      メリットは?

      AVアンプのHDMI出力端子が1つあれば対応できるので比較的導入が簡単です。

      デメリットは?

      映像切り替えにはAVアンプのほかに切替機を操作する必要があります。
      AVアンプと別に操作、切替が必要なので少し面倒です。

      HDMI出力が2系統ある再生機器を用意する

      再生機器側にHDMI出力が2系統あるならばどちらかを直接プロジェクターに接続するという方法もアリです。
      ハイエンドのレコーダーなどでは2系統ついているモデルがありますのでお持ちの機器を確認しましょう。

category 設置方法 | 2011.05.31