新築シアター構築時の準備手順5

スクリーンボックスの詳細が決まったなら次にプロジェクターの設置方法というか設置場所を決める必要があります。
プロジェクター設置の考えられる手段として

 床に置くか
 台に置くか
 天井から吊るすか。

1番ポピュラーであり、1番お勧めするのはやはりプロジェクターの天吊りです。

天吊り

天吊りをお勧めする理由としては以下の通りです。

1.天吊りにしておけば生活の邪魔にならない。
2.使う度にいちいち所定の位置に移動しなくても良い。
3.一度設置してしまえばPJを触ることが無いので毎回まったく同じ場所に映せる。特にブラックマスクスクリーンに投射する場合は毎回完璧な正しい位置に映す というのは大切な事です。少しでも投射位置がずれると非常に気になります。

新築で天吊りする場合、プロジェクター設置位置付近は
天井面をコンパネ下地として下さい。

そうすれば天吊り金具を簡単にネジ止めする事が出来ます。

もし既存の部屋(天井が石膏ボード)なら上の写真のように下地の桟=木の細い板 がある場所を利用して木の板をまず固定し、それに天吊り金具を固定する事をお勧めします。その方が固定が簡単だし、落下に対する信頼性も向上させられる為です。

天吊り金具スパイダー のいろいろな設置例はコチラ

次回に続く

category 新築にホームシアター導入のアドバイス | 2007.01.20